安心感に包まれた日々を取り戻す計画を実行|イタチの捕獲は大変なのでプロに依頼

捕獲する方法

インテリア

イタチを自分で捕獲する際は、自治体が示した狩猟法や鳥獣保護法などに注意しましょう。また、メスのイタチは捕獲してはいけないため、業者に依頼する必要があります。自分で捕獲する際は箱罠が適切です。

詳しくはこちら

イタチ捕獲で大切なこと

イタチ

イタチは暖かい場所に住み着き、繁殖を繰り返します。そのため、イタチが家屋に住み着いている場合は、イタチを捕獲しましょう。イタチを追い出す方法も適切ですが、すでにイタチが繁殖していたら意味がありません。そのため、イタチを一匹残らず捕獲する必要があるのです。イタチを捕獲するには狩猟期間内であることを確認し、イタチの性別を把握しておく必要があります。イタチは素人が勝手に狩猟してはいけません。さらに、メスのイタチは捕獲が禁止されています。そのため、狩猟法や鳥獣保護法に注意する必要があります。地域の自治体によって定められている法律や指定区が異なります。事前に自治体に確認を取ると適切です。しかし、自分で捕獲した場合は、速やかにイタチを山や水辺に逃がす必要があります。危険や手間が伴うため、イタチ捕獲は業者に依頼する方法が最も適しています。

イタチ捕獲を業者に依頼する際は、事前に現地調査に来てもらいましょう。現地の様子を実際に見てもらい、イタチによる被害を確認してもらいます。被害の大きさから適した捕獲方法を施してもらい、イタチを寄せ付けない家にしましょう。また、業者によっては農家や養鶏所などにもイタチ対策を施してもらうことができます。イタチによる被害を最小限に抑えたい人は、イタチを寄せ付けないために業者に相談しましょう。ちなみに、イタチを自分で捕獲する際は、箱罠が最適です。イタチの好物である唐揚げや鶏肉、ソーセージ、果物などを仕掛けると罠にかかりやすくなります。しかし、イタチの最後っ屁にかからないように注意することが大切です。室内にイタチ捕獲の罠をしかけた場合は、すぐに屋外に出しましょう。

イタチ対策

担当者

イタチを捕獲し、逃がしたあとは、再び戻ってこないためにイタチ対策をすると適切です。イタチの餌となるものを放置しない、地域全体でイタチを寄せ付けないという意識を持つことが大切です。

詳しくはこちら

イタチ捕獲は危険

住居

イタチは捕獲すると最後っ屁をします。そのため、素人がイタチ捕獲をすると攻撃を受けてしまいます。イタチ捕獲は業者に依頼しましょう。業者に依頼すれば手軽にイタチを追い出すことができるので安心です。

詳しくはこちら