安心感に包まれた日々を取り戻す計画を実行|イタチの捕獲は大変なのでプロに依頼

イタチ捕獲は危険

住居

イタチを寄せ付けないための対策を施すのも1つの方法ですが、イタチは再度戻ってくることがあります。そのため、イタチを完全に遠ざけるには、イタチを捕獲することが適切です。特に家屋に住みついているイタチは捕獲しましょう。しかし、イタチを捕獲するには特殊な免許が必要です。一般人や素人がイタチを捕獲してはいけないので、専門の業者に依頼しましょう。イタチの捕獲を行なっている業者は、全国各地にあります。特にイタチによる被害が多い離島ではイタチ捕獲業者が数多く存在します。中には、出張でイタチ捕獲を行なってくれる業者もあります。信頼できるイタチ捕獲業者を見つけ、自分に適した業者に依頼しましょう。イタチ捕獲を依頼する際は、イタチによる被害や形跡をきちんと形に残しておくと適切です。

「イタチの最後っ屁」というように、イタチは自分の身に危険が迫ると非常に臭い屁を放ちます。動物によってはこの屁が原因で失神してしまうこともあります。人間が嗅ぐとあまりの臭さから涙が出ることもあります。イタチはその隙に逃げ出してしまいます。そのためイタチを捕獲する際は、ゲージの中に捕えたからといって油断してはいけません。すぐにゲージごと野外に出し、遠くの山や水辺に放ちましょう。業者に依頼すればイタの最後っ屁を出す前に処理してもらうことができます。また、業者が遠くの山や水辺に運んでくれるので依頼者は玄関で謝礼を支払い、イタチ捕獲を終えることができます。手軽にイタチを追い出すことができるので非常に安心です。ちなみに、ネズミ被害が減ったと実感した人は、イタチが自宅に住み着いている可能性があります。業者に調査してもらうとイタチ被害を防ぐことができます。同時に、イタチ捕獲やねずみ対策などをしてもらうこともできるので、害獣に悩まされない自宅になります。