安心感に包まれた日々を取り戻す計画を実行|イタチの捕獲は大変なのでプロに依頼

イタチ対策

担当者

イタチは田舎などの地域に多く見られます。農作物を荒らされた形跡がある場合はイタチによる被害だと考えられます。特に果物などの農作物が中心的に荒らされている場合はイタチの可能性が高いといえます。イタチは果物を好んで食べる特徴があるので、果物畑は被害に遭いやすいのです。また、養鶏所ではイタチがニワトリを襲う被害が増えています。イタチは雑食性なので鳥類を食べることもあります。ニワトリを飼っている人はイタチの被害に注意しましょう。イタチを捕獲したいと考えている人は、イタチ業者に相談すると適切です。イタチは頭が良いため、罠などにはかかりにくいという注意点があります。そのため、信頼できる業者に依頼してイタチを捕獲してもらいましょう。また、イタチは人間を襲ってくることもあるため、素人が安易に近づくと危険です。

イタチが住み着かないためにも決して餌付けをしてはいけません。イタチは小動物のため、可愛らしい容姿をしています。そのため、迂闊に餌をあげてしまうと住み着き、糞尿などを撒き散らします。イタチの糞尿にはさまざまなウイルスが含まれているため、人間にとって多大な健康被害をもたらすのです。さらに、家屋の屋根裏などに住み着いてしまうと足音や異臭などの生活環境被害を受けます。イタチを寄せ付けないための対策や、イタチを捕獲するなどの方法でイタチ以外を防ぎましょう。ちなみに、イタチを捕獲した際は速やかに逃がしてあげることが大切です。森や川に逃がし、再び戻ってこないために対策を施しましょう。イタチの餌となる食べ物を放置しない、イタチの侵入口となる隙間を埋めることが大切です。イタチが寄り付かないように地域全体で対策をすると、よりイタチによる被害を防ぐことができます。